トップへ戻る
見出し infomation     
チケット予約 最新情報はこちら

大浦天主堂の『信徒発見』から三年 五島列島に吹き荒れる潜伏キリシタン弾圧の嵐 ひたむきに生きる島の娘ミツの許されざる愛 そしてキリシタンたちの過酷な運命は...福岡出身の芥川賞作家森禮子さんの小説『五島崩れ』を舞台化!

「時代の風潮に流されず、
愛と自由な心を失わずに生きることこそ、
人間の存在証明だと私には思われます」

キリシタン弾圧事件「五島崩れ」とは 開国後の1865年(元治2年)、長崎に完成したフランス寺(大浦天主堂)を浦上の村人が密かに訪れ、キリスト教信仰を神父に告白します。いわゆる「信徒発見」です。潜伏していた各地のキリシタンも次々と信仰を表明し、幕府そして明治新政府はこれを弾圧します。1868年(明治元年)、五島列島の久賀島では幼い子どもから老人まで約200人がわずか6坪(12畳)の牢屋に収容され42人が落命します(牢屋の窄事件)。この弾圧「五島崩れ」は欧米諸国に伝わり、非難を浴びた新政府はついに1873年(明治6年)、市中に掲げていたキリスト教禁制の高札を撤去します。



舞台劇『五島崩れ ~椿の島のアヴェ・マリア~』
推薦のことば

福岡出身のクリスチャン、芥川賞作家森禮子さんの歴史小説『五島崩れ』の舞台劇が、ローマ教皇訪日3週間後の12月13日に博多座で上演されます。
 1867年の浦上四番崩れに始まる最後のキリシタン一斉検挙は、翌年五島にも波及しました。史実をもとに、久賀島の娘の人間としてまたキリシタンとしての生き方を軸に展開される創作物語は、人間の尊厳と家族や社会、信仰の価値と自由および権力などの重要なテーマを提供し、観る人にそれぞれの人生の意味を考えさせてくれるのではないかと思います。
 是非お出かけください。

カトリック長崎大司教 髙見 三明

〈主催〉

森禮子さんの小説『五島崩れ』を舞台化する会、ふくおか県民文化祭福岡県実行委員会、福岡県、福岡県教育委員会、福岡県文化団体連合会、福岡県障害者社会参画推進センター

〈共催〉

五島市

〈後援〉

長崎県、熊本県、福岡市、長崎市、佐世保市、平戸市、天草市、南島原市、小値賀町、新上五島町、カトリック中央協議会、カトリック長崎大司教区、カトリック福岡司教区、西日本新聞社、朝日新聞社、日本経済新聞社西部支社、毎日新聞社、読売新聞社、長崎新聞社、TNCテレビ西日本、TVQ九州放送、NHK福岡放送局、NHK北九州放送局、RKB毎日放送、FBS福岡放送、九州朝日放送、KTNテレビ長崎、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社

〈助成〉

福岡文化財団

〈発起人〉

石橋美恵子(筑紫女学園大学名誉教授、福岡日仏協会副会長)
西表宏(香蘭女子短大名誉教授、美ら島沖縄大使)
岩﨑文正(西南学院大学同窓会会長)
海老井悦子(前福岡県副知事)
柏篤雄(シーエス・プレナー代表取締役、五島市ふるさと大使)
片岡千鶴子(純心女子学園理事長)
加藤雅大(福江空港ターミナルビル常務取締役)
川崎隆生(西日本新聞相談役、公益財団法人九州文化協会会長)
喜多悦子(公益財団法人笹川記念保健協力財団会長)
G.W.バークレー(学校法人西南学院理事長・院長・大学学長)
髙見三明(カトリック長崎大司教区大司教)
多田昭重(西日本新聞社前会長、福岡文化連盟会長)
筒井勝美(英進館館長)
寺崎一雄(テレビ西日本代表取締役会長)
野口喬史(公益社団法人五島法人会会長)
波佐間義之(「九州文学」編集発行人)
花柳美女月(日本舞踊家)
藤本亨(西部ガス代表取締役副社長、福岡長崎県人会会長)
舟越節(演出家、福岡文化連盟顧問)
前田万葉(カトリック枢機卿)
宮原良治(カトリック福岡司教区名誉司教)

森禮子さんの小説『五島崩れ』を舞台化する会
〈会長〉

ギャーリ ウェイン バークレー
(Gary Wayne.Barkley)

〈副会長〉

川崎隆生、寺崎一雄、藤本亨、石橋美恵子

〈監事〉

永利新一

〈顧問〉

多田昭重、岩﨑文正、舟越節、野口喬史、加藤雅大

〈実行委員会〉

横尾和彦(委員長)、田中はくどう、春日桃子、原千恵、渋谷由美子、阿相睦子、柳楽朋子、糸山裕子、王丸あすか、山口英己、武田芳明、片山晴史、橋本明